Japanese
HOME > コンサルティングサービス > コンサルティング実績

コンサルティング実績

事例1 経営層アドバイザリサービス

  • お客様の課題

  • ご提供サービス

  • サービスの特徴・強み

  • 成果

国内大手損害保険会社

海外拠点運営に関する実態が本社から見えない、故に適切なガバナンスが効かない実態に陥っていた。
また、本社にコミュニケーション能力やコンサルティングスキル等をもった人材がおらず、現地の実態調査~有るべき統治管理体制のデザイン等の課題解決を行えない状態だった。

グローバルITガバナンス構築案策定

・グローバル企業における「本社⇔現地拠点間」のIT・オペレーションガバナンスの評価
・本社機能・拠点機能配置の最適化と有るべき管理体制の定義・導入
・拠点連携最適化に係る課題整理とマネジメント向けの第三者としてのご提言

最適配置のあるべき姿の実現を支援

過去の経験により蓄積したグローバル拠点ガバナンスをベースとして、個別課題を明確化し、各社の現実に即したガバナンス体制を提言。 日英等のバイリンガル、かつ、大手コンサルティングファームにて、特定の業界でのコンサルティング経験を有するコンサルタントが実務に踏み込んだ調査結果をもとに最適配置のあるべき姿の実現を支援。

適切なIT投資・パフォーマンス管理体制を実現

本社と各拠点における各CIOの役割を作業レベルで明確化。
海外拠点IT管理の現実に即した段階的アプローチをとることにより、各拠点への出資比率などに応じた最適な管理体制を個別に設定し、形だけにとらわれない、実際に配属可能な人材レベルに応じた体制を構築し、管理の透明化と適切なIT投資・パフォーマンス管理体制を実現。

事例1 ITコンサルティングサービス

  • お客様の課題

  • ご提供サービス

  • サービスの特徴・強み

  • 成果

国内大手損害保険会社

BRICsを始め、他アジア諸国の企業を多数買収済。
専門ファームによる企業価値算定等の評価結果のみから買収を判断してきたが、オペレーションやITの側面からの判断がなされないままに買収を実施した結果、買収後のオペレーション統合・変更等がスムーズに進まないケースが多発。

海外拠点IT Due Diligence

・日系企業の海外拠点買収時のオペレーション/IT側面からの評価
・現地に赴いてのバイリンガルコンサルタントによる調査・交渉、ならびに客観性をもつ評価
・貴社社員と共同作業実施による貴社社員の育成・グローバル化のご支援

IT・オペレーション領域に深い造詣のあるコンサルタントが支援

過去の経験により蓄積した「ありがちな課題」をチェックリストとして活用し、網羅的・効率的な評価を実施。 日英等のバイリンガル、かつ、大手コンサルティングファームにて、IT・オペレーション領域に深い造詣のあるコンサルタントが支援。

不測の業績下方修正を避けた買収を実現

新規企業買収時に、ITとオペレーションを経営戦略に適合させるための費用をDue Diligenceの結果からValuationに反映させ、不測の業績下方修正を避けた買収を実現。
その後、追加費用も発生しているが、想定範囲内にて業務を遂行することができている。

事例3 ITコンサルティングサービス

  • お客様の課題

  • ご提供サービス

  • サービスの特徴・強み

  • 成果

国内大手ゴルフ場運営会社

過去に年間10以上のゴルフ場の買収を行うことで規模を拡大し、100以上のゴルフ場を保有してきたが、規模の拡大に伴い、本社コストが増加。
ビジネス規模の拡大に伴い、本社および各ゴルフ場を含めたバックオフィスのコスト構造を抜本的に改革し、ビジネス規模拡大の影響を受け難い本社コスト構造を実現するニーズに迫られていた。

コスト削減計画

【現状分析】
・本社コスト構造調査(費目別)
・現状業務調査ヒアリング(全本社部門)
・課題識別と方向性提示

【改革案立案】
・現地事務業務量調査
・事務集中化パイロット計画・実行
・本社移転計画立案
・事務センター設立計画立案
・その他本社コスト削減プログラム実行計画立案

効率的かつ効果的な業務改善策の策定が可能

様々な業界・業種のクライアントに対し、オペレーション、IT、設備・施設など幅広い領域を視野に入れた抜本的なコスト削減余地の明確化、並びにそれらに対しての実効性のある改善計画立案に関し、多数の実績を誇る。 それら様々な業界のクライアントに対しての実績を通して培われた、的確な定量化技法の選択と、現状調査ツールの使用による、効率的かつ効果的な業務改善策の策定が可能。

定量的な効果と定性的な効果を実現

【定量的な効果】
本社/ゴルフ場含め、10億円以上のコスト削減余地を明確化

【定性的な効果】
本社ではそれぞれの部門単位で業務内容がブラックボックス化しており、経営陣及び経営企画部門などからメスを入れにくい状況が当初存在していたが、外部のコンサルタントを活用することでこの状況が打破され、社内の可視化が進んだ。 また、経営企画部門にて感覚的に認知されていた現地事務のセンター化の可能性について、明確な定量的な分析とパイロット実施による検証がなされた。 週単位で本社のキーメンバーと活動状況を共有するプロジェクト進行形態をとり、様々な立場からの課題を討議したことで、プロジェクトに対する理解と実行機運が醸成された。

事例4 経営コンサルティングサービス

  • お客様の課題

  • ご提供サービス

  • サービスの特徴・強み

  • 成果

国内倉庫運輸会社

文書化・評価まで自力で何とかこなしてきたが、監査法人から評価や監査のレベルアップを指摘された。
国内/海外に複数のグループ会社を抱える中、トップダウンの内部監査体制を構築することで、効率的にグループ全体のガバナンスを強化したいと考えていた。

BCP・内部統制構築支援

【内部統制文書化支援サービス】
・現状調査、基本方針・計画策定支援
・文書化支援、プロジェクト管理支援

【内部統制評価支援サービス】
・整備/運用評価支援(調書作成等)
・内部監査支援

各種プロジェクト実践事例からハンズオンでの支援が可能

全社統制(経営)、業務処理統制(オペレーション)、IT統制(全般/アプリ)、全体のプロジェクト実践事例を保有。 プロジェクトやワーキングに参画し、プロジェクト管理から各種テンプレート/サンプルの提供、文書化・評価実務までハンズオンでの支援を実施。

監査業務の効率化し、被監査部門の負荷軽減を実現

内部統制監査について、業務プロセスを可視化し、お客様の一部業務を代行しながら、現状の改善レポートを作成。 監査業務の効率化、現場(被監査部門)の負荷軽減を実現。

事例5 経営コンサルティングサービス

  • お客様の課題

  • ご提供サービス

  • サービスの特徴・強み

  • 成果

国内大手損害保険会社

過去10年間で急成長を遂げたが、社会的な立場からも、災害発生などの有事が発生した際の対応力を強化する必要性があり、経営層が強い課題認識をもっていた。

BCP・内部統制構築支援

・被災時を想定した事業回復力診断
・事業継続計画(BCP)の策定
・事業継続マニュアルの作成
・事業継続管理(BCM)の導入支援
など

2~3カ月程度で事業継続の簡易評価~事業継続マニュアルを作成

事業、オペレーション、IT、設備・施設といった幅広い領域を含む評価、ならびに計画立案実績があり、マニュアルレベルの多数の雛形、フォーム、標準等を有しているため、2~3カ月程度で事業継続の簡易評価~事業継続マニュアルの作成が可能。

BCPマニュアルを3カ月程度の短期間で作成

複数事業にて平行的に同じ雛形を活用したBCPマニュアルを3カ月程度の短期間で作成。
また、事業回復力の評価結果より、回復力強化課題を明らかにし、対応策を具体化。(現在、対応推進中)

事例6 ワンタイム型ビジネス支援サービス

  • お客様の課題

  • ご提供サービス

  • サービスの特徴・強み

  • 成果

国内倉庫運輸会社

大手証券会社のシステム保守を中心としつつ、証券システム資産の外販化を過去10年で推進。
営業部門は各主要クライアント単位で分かれており、開発部門はソリューション単位の組織体制。
営業部門では営業企画力アップが売り上げ向上に向けた喫緊課題となっていた。
開発部門では多量なバックログを有しており、開発品質への顧客満足度は高くなく、開発生産性と開発品質向上が課題となっていた。

IT企業向け営業支援

・各部の中堅・若手メンバーと共同で50億規模のシステム受託案件の提案書を作成
・バックログ回避のためのオフショアアウトソーシングの活用可能性についてスタディを実施
・活用範囲、活用体制、活用ルール、想定効果などを取り纏め、経営承認を取得し、オフショア化を実現
・標準的なお客様満足度調査のフォームや結果の取り纏めと経営報告に いたるドキュメントの整備と社内共通業務化を推進
など

効果的な営業プロセス、及び営業組織の構築をあわせてご提供可能

様々な業界・業種のクライアントに対し、システム導入など幅広い領域に関して多くの提案活動経験があり、多数の営業戦略立案、業務改善などの経験・事例をベースに、より効果的な営業プロセス、及び営業組織の構築をあわせてご提供可能。

案件受託50億円、オフショア化による利益確保と様々な効果を実現

案件受託50億円、オフショア化による利益確保と共に、コンサルタントとの長期にわたる共同作業による様々な効果を実現。
・若手の人材に対する意識啓蒙やスキル育成効果
・中堅の人材 に対するマネジメント能力や経営報告などのスキル育成効果
・部長の補佐役として、部内の活動状況に関する客観性を持ったアドバイスを提供
・営業部門の企画力向上や開発生産性などの向上に よる顧客満足度の向上


Page Topへ